amazon販売での相乗り対策 相乗りされにくい商品ページの作り方

wolf-142173_960_720

こんにちは、ろしです。

新規でページを作って、やっと売れ始めたと思ったとたん、
相乗り出品者が現れると力が抜けますよね(笑)

amazonの仕様とは言え、何とかしたいと思うのは当然です。

完全な防御策は、
オリジナル商品+商標の組み合わせ以外はないのですが、
全商品をオリジナル化する訳にもいきませんから

もう少し手軽な対策方法を伝授しますね。

ではいってみましょう!

国内正規流通品の独占販売は?

まずはココからいってみましょう。

いわゆるJANコードの振ってある、
国内の店舗から購入できる商品については、
amazonでの独占販売は不可能と思ってください。


やったことはありませんが、小物とのセット販売は、
関連性のある商品でもおまけと見なされるでしょう。

この場合、商品ページに記載することはできず、
コメント欄に記載しなければいけません。

あとは、短期的に効果のある方法としては、
複数個でのセット販売ですが、時間が経てば必ず乗られます。

せどりで仕入れた商品を独占販売する方法はありませんので、
複数出品者がいる前提で仕入れなければいけません。


中国輸入での独占販売は?

せどりでは不可能ですが、中国輸入では独占販売が可能です。

ただし、
全ての出品商品に対して完璧な対策をするのは不可能ですので、
相乗りしにくい対策をしていくことになります。



完璧な対策

完璧な対策は、冒頭で書いた、

商標を刻印したオリジナル商品の販売です。

ここで気をつけなければならないのは、
カタログ作成時に、

・商品タイトルの頭にブランド名を入れる
・カタログのブランド名記入欄にブランド名を入れる
・ブランドの刻印された写真を必ず掲載する


といったことを忘れてはいけません。

一旦ノーブランドとして登録された商品は、
基本的には修正が利かないものと思ってください。


完璧ではないが効果のある対策

まず、アマゾン側の考える相乗り可能商品とは、

カタログと同じ商品です。

知的所有権の絡んでいない場合は、同じ商品かどうかが全てです。

amazon登録ブランドであるとか、ロゴが入っているとか、
オリジナルセット商品であるとかは関係ありません。

同じ商品であれば同じページで販売できる

というのがamazonの規約から見た基本的な考え方です。

次に考えるのはセラー側の考え方です。

基本的に手間暇かかることはしたくありませんよね(笑)

そう考えると、完璧では無いにしても相乗り対策というのは、
以下の3つに絞られるかと思います。

(1)商標は無くともオリジナルのロゴを付加する。
(2)関連性のあるセット商品をつくる。
(3)写真は自分で撮影する


これは、効果の高い順に並べてあります。


(1)は、梱包ではなく、商品パッケージ又は商品にロゴを付加します。

ほとんどの場合、これで相乗りされることはなくなりますが、
凄く良く売れる商品であった場合、

相手が同じロゴをつけた商品を作れば相乗り可能になります。

商標登録されていないロゴはただの模様ですからね。


(2)は、ウィッグ+ヘアネット等の関連性のある、
おまけと見なされない商品でセット商品を作ることです。

よく、セットのアイテムとして言葉だけで、
「当社オリジナルアイテムです」とかの記載がありますが、
きちんと写真を載せましょう。

例えば、スマホの保護フィルムがセット商品であった場合、

パッケージの写真を載せておけば、
同じ商品を検索して見つけなくてはいけません
が、

スマホの保護フィルムと言葉だけの場合は、
サイズさえ合えばどんなのでも良いわけですから。

如何に見つけにくいものをセットするかが鍵になりますからね。

余談ですが、多くの場合、メイン商品を見つけたお店で、
セット商品が買えることが多いもの覚えておきましょうね(笑)


仕入金額を安くしたい誰しも同じなので、
メイン商品を購入した店舗の全商品を安い順に並べるだけで、
すぐに見つかることが良くあります。


(3)はリサーチを難しくするためで、参入障壁としては低いですが、
画像検索しかできない本当の初心者を排除することが出来ます。

私が思うに、
相乗りはされても、資金力に余裕のある熟練のセラーばかりなら、
それはそれで構わないのです。

販売個数が落ちるだけで、利益はさほど落ちないので、
在庫量(仕入量)を調整するば済むからです。

ところが、本当の意味での初心者が大量に参入してくると、
資金力がないため、早く売りたい衝動に駆られ、
価格が暴落してしまうのです。


こうなるとその商品は終わりますから、
次々と新たな商品を見つける必要がでてきます。

こうしてリサーチ地獄に嵌っていくわけです(笑)

そのため、本当の初心者を排除するのは意外と重要なのです。


まとめ

相乗り可能かどうかは、同じ商品かどうかが全てです。

ここを良く考えて商品を作れば、相乗りを完全に排除できなくても
相乗りしにくい商品ページを作成することは可能になります。


あと、使うかどうかは別にして、中国輸入を長く続ける気であれば
商標は取っておくことをお勧めします。

多少ルールから外れていても、

ブランドが商標登録されているページで
相乗りを見たことはありませんし


出願から登録まで半年以上かかりますからね。

自分ですれば出願自体は12000円位ですから、
本業にするならとっておいても損はないと思いますよ。



これから転売を始めようという方も!

melmagaLP480



【メルマガ登録特典】

  1. 中国輸入リサーチ結果記入シート(利益計算、JANコード計算付)
  2. 商品説明文に使える「文章力アップ講座」
  3. amazonカテゴリ別 上位1%ランキング一覧
  4. 針混入事件時のamazonへ提出した調査報告書
  5. 転売を始めてから月商100万に達するまでの会計帳簿


>配信内容の詳細はこちらからご確認下さい



▼メール講座登録はこちらから▼

お名前
E-Mail




お問い合わせや、御相談、質問はこちらからお気軽にお寄せ下さい。
返信のお約束はできませんが、返信率の実績は100%です!(笑)

http://m-master.com/toiawase

御意見や御感想も頂けると嬉しいです。

連絡をお待ちしております!!



記事が役に立ったと思ったら応援お願いします!
↓↓↓

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ろし

 

こんにちは、
管理人「ろし」です。

 

22年勤めた会社を辞めて、現在は中国輸入転売で生計を立てています。毎日楽しくて充実していますよ!
>プロフィール詳細



無料 転売メール講座 ろしメルマガ転売なんて簡単なんです! 人生変わっても責任持ちません!!
【登録特典付】

このページの先頭へ