中国輸入転売 輸入時に注意が必要な物

こんにちは、ろし です。

今回は中国から輸入する再に注意が必要な物についてお伝えします。

 

輸入できない物

  1. 麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤、あへん吸煙具
  2. 指定薬物(医療等の用途に供するために輸入するものを除く。)
  3. けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品
  4. 爆発物
  5. 火薬類
  6. 化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律第2条第3項に
    規定する特定物質
  7. 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律
    第6条第20項に規定8.する一種病原体等及び同条第21項に
    規定する二種病原体等
  8. 貨幣、紙幣、銀行券、印紙、郵便切手又は有価証券の偽造品、
    変造品、模造品及び偽造カード(生カードを含む)
  9. 公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品
  10. 児童ポルノ
  11. 特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、
    回路配置利用権又は育成者権を侵害する物品
  12. 不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号までに掲げる
    行為を組成する物品
これは関税のwebサイトより引用したものですが、
常識で考えればわかるものばかりです。

http://www.customs.go.jp/mizugiwa/kinshi.htm

11はいわゆる知的所有権を侵害する商品の禁止に該当します。

12は、以下の行為を禁止したものです。
・周知の商品表示によく似た表示を使用し、市場に混同を生じさせる行為
・他人の著名なマークを、自己の商品表示として使用する行為
・他人の商品の形態を模倣した商品を製造・販売する行為

要は偽物・コピー品はダメということと、広く周知された商標や
マークを勝手に使っては販売してはいけませんということです。

例を挙げれば、ベンツのマークの入ったUSBメモリであるとか、
アップルのマークの入ったマグカップとかもダメということです。

なお、コスプレ用品に関しては判断が難しいので自信がなければ
止めておいたほうが無難です。売っている人が何人もいるからとかは
何の根拠にもなりません。すべては自己責任です。

ここには記載されていませんが、ヌンチャクや剣等の武器に該当する
物も輸入できません。もっとも輸入したとしてもアマゾンやyahooでは
販売することができません。

中国輸入では、ほとんどの方はEMS(国際スピード郵便)を使用するかと
思いますので、液体も輸入不可と覚えておくといいでしょう。

気になる物がある方は関税に電話で聞いてみるといいと思います。
私は電話したことはありませんが、親切丁寧に教えてくれるそうです。

このページも一読しておくことをお勧めします。
偽ブランド品、コピー商品等の知的財産侵害物品は国内への輸入禁止!
税関での取締り強化中!(政府広報オンライン)

http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201302/1.html

 

輸入できない訳ではないが注意が必要な物

輸入禁止のものは想像の付く物が多いですが、以下のものは
知らない方も多いと思いますので紹介しておきます。

 

1. 医薬品や医療機器

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する
法律に該当する物は指定機関での認証が必要となります。
個人では事実上不可能なため輸入してはいけません

 

2. ハーブやアロマオイル、バスソルト

「麻薬」や「指定薬物」にあたり、輸入が禁止されているものが
あります。危険すぎるため余程の知識がない限りは手を出さない
ほうがいいでしょう。

 

3. ブランド品

中国で販売されているブランド品は100%偽物と思っておきましょう。
例え本物であったとしても、世界的に知名度の高いブランド品は
メーカーの輸出入の許可証が必要なケースがあり、輸入できない
場合があります。

 

4. コンセントを使用する商品

電気用品安全法に該当する商品は認定機関で承認を受けPSEマークを
表示すれば販売可能ですが、これも個人では事実上不可能です。

交流100ボルト、200ボルトの商用電源に接続される物が対象で、
直流を使用するものは該当しません。

商用電源に接続される物は、事故が起きた時の被害が甚大となる
可能性が高いため、手を出さないほうが無難かと思います

 

5. PSCマークを要する製品(消費生活用製品安全法)

中でも、特定特別製品に該当する、

・乳児用ベッド
・レーザーポインタ
・ライター

は要注意です。これらは、事業者自身の検査による安全確保に加え、
国が認定する第三者検査機関による適合性検査が義務付けられています。

 

6. ブルートゥース(bluetooth)製品

ブルートゥース機器を輸入・販売する際には、電波法の規制を受け、
技術基準適合証明が必要です。技術基準適合証明を受けると、
所定の様式による表示(技適マーク等)が付されます。
無線式の「スマホ 自撮り棒」等は注意が必要です。

なお、現状では無許可の物を使用するのは禁止されていますが、
販売は禁止されていません

 

7. CD DVD 書籍等のメディア

最近は厳しくなったかも知れませんが、中国ではCD-RやDVD-Rに
ダビングされた物が当たり前のように売られていたりします。

私は取り扱ったことはありませんが、中国側での検査が厳しく、
特に宗教や政治に関するものは没収されやすいそうです。

 

まとめ

現状、4~6に関してアマゾンやyahoo、ヤフオク等では野放し
状態です。

ただしいつ規制がかかるかわかりませんし、問題があった場合には
当然責任を問われますので、自己責任での対応となります。

また、関税の抜き取り検査でstopを食らった日には廃棄手続きに
廃棄費用負担と結構面倒くさいことになります。

危ない橋を渡らなくても輸入できて利益の取れる物は山ほど
ありますので心配することはありません。



これから転売を始めようという方も!

melmagaLP480



【メルマガ登録特典】

  1. 中国輸入リサーチ結果記入シート(利益計算、JANコード計算付)
  2. 商品説明文に使える「文章力アップ講座」
  3. amazonカテゴリ別 上位1%ランキング一覧
  4. 針混入事件時のamazonへ提出した調査報告書
  5. 転売を始めてから月商100万に達するまでの会計帳簿


>配信内容の詳細はこちらからご確認下さい



▼メール講座登録はこちらから▼

お名前
E-Mail




お問い合わせや、御相談、質問はこちらからお気軽にお寄せ下さい。
返信のお約束はできませんが、返信率の実績は100%です!(笑)

http://m-master.com/toiawase

御意見や御感想も頂けると嬉しいです。

連絡をお待ちしております!!



記事が役に立ったと思ったら応援お願いします!
↓↓↓

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

ろし

 

こんにちは、
管理人「ろし」です。

 

22年勤めた会社を辞めて、現在は中国輸入転売で生計を立てています。毎日楽しくて充実していますよ!
>プロフィール詳細



無料 転売メール講座 ろしメルマガ転売なんて簡単なんです! 人生変わっても責任持ちません!!
【登録特典付】

このページの先頭へ